根治治療

根治治療花粉症の症状がひどく、悩まされている人にとっては、根治治療の検討も選択肢の一つになります。これは即効性のある治療ではなく、花粉症の症状自体を出さないようにするための治療方法であり、数年かけて行う治療方法です。

花粉症のアレルギー反応を起こすアレルゲンを意図的に少しずつ投与して体をそのアレルゲンに慣れさせていく治療です。この治療を長く続けていくことで、アレルギー反応を起こさないようにすることが期待できます。この治療方法ではくしゃみや鼻水を止めるのではなく、花粉症自体を根本的に治療することになりますが、時間もかかるので、なかにはこの治療に耐えられずにあきらめてしまう患者さんもいます。

これまで根治治療は、注射をして治療をしてきましたが、最近では舌下免疫療法は保険適用されることで簡単に治療を行うことができます。この根治療法では舌の裏側にアレルゲンの液体を垂らすことで、治療をすることができます。自宅でも治療が可能になったことと保険適用が行われたことで、コスト面でも安く治療を続けることができます。この方法はこれから効果が期待されているもので、効果には個人差があります。また、スギ花粉以外には効果がないので、注意しないといけません。

薬の種類

花粉症の症状は非常につらいものですが、その中でも鼻づまりは簡単に改善しない症状の1つです。この鼻づまりは、鼻粘膜の過敏性が原因となっており、患者さんによって症状に違いがあります。アレルギー疾患の治療の場合には効果が早く出る抗ヒスタミン作用のある薬とアレルギー反応を引き起こす症状を抑える作用の薬があります。通常は、花粉症のシーズンが始まる数週間前から治療を始めるのが理想的な方法で、花粉症の予防になります。しかし、症状が出ている場合には、症状の状態により内服薬や外服薬を利用できます。

内服薬内服薬は、副作用の睡眠が強く表れるものから弱いものなど、外服薬と比較すると種類が豊富です。また、睡眠作用が強い薬が効果が高いわけではありません。外服薬は、点鼻薬など直接鼻腔に薬を噴射することで治療を行う方法です。鼻腔内の花粉を排除するよりも、洗浄するような目的で鼻腔内を拡げることで、鼻通りをよくして鼻呼吸ができるようにする薬です。

症状やその人のアレルギーの影響によりこれらの薬を使い分けて治療を続けることになります。市販の薬と比較しても処方箋薬は非常に効果が強いため、花粉症の症状が軽い人であれば、服用を続けることで症状をなくすことも可能です

薬物を使った治療法

内科クリニックで花粉症の治療を行う場合、一般的に多くの内科クリニックで行われているのが薬物療法です。アレルギー性鼻炎など、花粉によってでる症状の治療を受けますが、治療方法では内服薬を処方されるのが一般的な方法です。内科クリニックのなかには漢方薬を処方するクリニックもありますが、漢方薬には効果が出るまでに時間がかかってしまうものもあるため、ものによっては早くから治療を始めないといけないというデメリットもあります。

ステロイド漢方薬以外の薬物療法を行うときには、ステロイドを使用するかどうかで治療の効果が異なります。花粉症のアレルギーにはステロイドを使っている薬物は非常に効果がありますが、副作用の心配があります。薬物療法では効果のある成分が含まれている薬については副作用の心配があるため、常用することは非常に危険な薬もあります。

花粉症のシーズンだけ症状がひどい場合は、その短い期間だけ薬物療法でステロイドを使用することもありますが、正しい使い方をしないと非常に危険です。そのため医師の指導の下、正しい服用を行わないといけないのが薬物療法です。病院での処方薬は非常に効果があるので、ひどい症状に悩まされているなら迷わず病院で治療を行いましょう。続いては、薬の種類について説明します。

内科クリニックでの診療

アレルギー疾患の花粉症は、内科のクリニックで治療することが可能です。通常花粉症になるとアレルギー性結膜炎やアレルギー性鼻炎の症状がでます。内科のクリニックで治療を行う場合にはアレルギー性鼻炎の症状が該当します。アレルギー疾患にはなりますが、花粉症であれば内科クリニックを受診すれば幅広く対応してくれるので、毎年花粉症のシーズンにこの症状で悩まされている人は早めに治療を検討しましょう。

花粉症花粉症は、花粉が飛散するシーズンの時に症状が出るもので、普段のシーズンでは特に気にすることのない人もいます。現在の治療方法では、症状を抑える薬を処方する方法以外にも、根治治療を検討している場合には舌下免疫療法などの方法を利用して治療を行うことになります。病院により採用している治療方法が異なりますが、花粉症のシーズンになるとひどいくしゃみや鼻水が出る人は早めに治療を行いましょう。

アレルギー性疾患ですが、季節に関係なく発症するわけではないので、この症状が出てしまうシーズンになったときに適切な対応することが大切です。患者さんによって細かい症状が異なるので、どの症状がひどくなっているかは、実際に病院で治療を受けなければわからないものです。根治療法以外にも適切な治療を行うことで花粉症対策が可能です。ここでは、アレルギー疾患の花粉症の症状が出たときに、どのような治療を行えばより快適に過ごせるようになるのかを説明します。

〔参考サイト〕http://www.hoshino-clinic.jp/
アレルギー疾患診療を受け付けているほしの内科です。