薬の種類


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

花粉症の症状は非常につらいものですが、その中でも鼻づまりは簡単に改善しない症状の1つです。この鼻づまりは、鼻粘膜の過敏性が原因となっており、患者さんによって症状に違いがあります。アレルギー疾患の治療の場合には効果が早く出る抗ヒスタミン作用のある薬とアレルギー反応を引き起こす症状を抑える作用の薬があります。通常は、花粉症のシーズンが始まる数週間前から治療を始めるのが理想的な方法で、花粉症の予防になります。しかし、症状が出ている場合には、症状の状態により内服薬や外服薬を利用できます。

内服薬内服薬は、副作用の睡眠が強く表れるものから弱いものなど、外服薬と比較すると種類が豊富です。また、睡眠作用が強い薬が効果が高いわけではありません。外服薬は、点鼻薬など直接鼻腔に薬を噴射することで治療を行う方法です。鼻腔内の花粉を排除するよりも、洗浄するような目的で鼻腔内を拡げることで、鼻通りをよくして鼻呼吸ができるようにする薬です。

症状やその人のアレルギーの影響によりこれらの薬を使い分けて治療を続けることになります。市販の薬と比較しても処方箋薬は非常に効果が強いため、花粉症の症状が軽い人であれば、服用を続けることで症状をなくすことも可能です